'; ?> FX/外国為替情報 9月6日

FX/外国為替情報 9月6日

最新情報   トップページ


関連情報

山岡和雅の“ダックビル為替研究所” > 雇用統計 直前雑記
本日21時半に米雇用統計(8月)が発表されます今の予想は非農業部門雇用者数が前月比+18.0万人と、7月の+16.2万人から、拡大幅増加見通し。失業率は7.4%で変わらずの見込みです。もっとも、5日に発表されたISM非製造業景気指数(8月)において雇用部門の数字が57.0と7月の53.2から大幅に改善していたこともあり市場では予想中央値である18.0万人を上まわるのではという期待も一部である様子。この数字が出てからNY市場ではドル買いの動きが優勢になるなどの動きも見られました。同じ5日に出たADP雇用者数...

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > ドル円再度100円台も不安定な上昇局面!?
ロシアで開かれているG20において、シリアへの軍事介入をめぐっては、依然として、不透明感が漂う中、様々な物議をかもし出しているが、体制的には、小規模な軍事行動にとどまる公算が高まりつつあり、市場への影響が限定的との見方が優勢になっている。その中、米長期金利が心理的節目である3%に迫り、日米金利差拡大を背景にドル円は再び100円台へと底堅さを取り戻しつつある。ただ、為替及び金利共に不安定な上昇局面には変わりがなく、積極的に買い上げるほどの機運には至っておらず、引き続き、大量の実需や利益確定売りをこなしながら...

朝倉伊津子の“ブレイブハートな毎日” > オリンピックと私の共通点
一応素直にドル円買っていました。オージー円は86円台で切り返しを見せ、今週1週間で4円上昇したけれど私はタッチしなかった。中国経済もそう悲観しなくてもよさそうな経済指標が出ているし、自由党が政権を取りそうなのがオージーがリバウンドした理由。それとダメダメ・弱弱オージーの日柄整理はいったん終わったからだと思う。とは言っても、私はそれほどブルには見ていない、だってRBAはオージー高をまだ懸念しているから。そして、雇用統計の今日、ドル円は100円しっかりキープ。最近の米経済指標は良いのが出ているし、期待がかかる...

水谷文雄の“為替 ケ・セラ・セラ” > そろそろ豪ドル浮上の時期か?
Hola!Que tal?Bien, gracias!変な天候ですね。大宮から見れば、隣町で竜巻が起こりました。当日は晴れ、そして突然の雷、そして豪雨でした。今年一番に近い豪雨でした。しかし20分で晴れに戻りました。そしたら竜巻報道です。雲が黒く重く垂れこめる空でした。インデペンデンスデーを思い出す。宇宙船が空一面を覆い隠す状況でした。そんな中、竜巻が発生するのでしょう。ところでアメリカ政府がエリア51の存在を認めました。宇宙人、エイリアンを捕捉したのでしょうか?その後の米戦闘機の形状を見ていると、ひょっ...

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > ドル円100円台微妙!失速も考慮?
昨日、米上院外交委員会では軍事介入への承認を得たが、あくまで限定的な介入としており、また、ヘーゲル米国防長官は軍事攻撃のコストは数千万ドル程度との試算を述べるなど、米国主導の軍事介入は現実味を帯びているが、シリアへの早急な米軍事介入が回避されるとの見方から市場のリスク回避姿勢が後退しており、世界経済への影響は小さいとの見方が強まりつつある。市場は全般的にポジション調整局面に突入しているが、株式及び為替市場は軍事介入の成り行きに悶々としており、相場の難易度をより一層高めていると言わざるを得ないだろう。一方、...

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > ドル円100円台に抵抗感!戻り売り優先?
シリアへの軍事介入に対しては国連調査団の分析結果待ちの段階であるが、昨日、オバマ大統領はシリアのアサド政権による化学兵器使用は国際規範違反とした上、シリア攻撃は限定的なものであり、議会承認の取り付けに自信がある旨を述べている。また、ベイナー米下院議長(共和党)はオバマ米大統領に支持を表明すると共に、他の同僚議員にも賛同する要請であり、現時点では米議会が軍事介入を承認する可能性が高まっている。そして調査団を派遣した国連の潘事務総長は、シリアが化学兵器を使用したならば、安全保障理事会は一致団結し行動を起こさな...

最新情報