'; ?> F1最新情報 9月23日

F1最新情報 9月23日

最新情報   トップページ


関連情報

ビデオ ウェーバーのヒッチハイク


メルセデス 戦略が裏目に出て表彰台を逃す
メルセデスのニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは、4位と5位で終えたシンガポールGP決勝を厳しいレースだったと振り返った。セーフティーカーが出た際にメルセデスはピットに入らないことを選択したが、その結果、フェルナンド・アロンソとキミ・ライコネンにポジションを譲ることになり、表彰台獲得を逃した。

マクラーレン 7位と8位に満足
マクラーレンのジェンソン・バトンとセルジオ・ペレスは、シンガポールGP決勝での7位と8位はそれほど悪くない結果だと語っている。レース終盤、30周以上走ったタイヤでの走行に苦戦を強いられた両ドライバーはメルセデスの2台やフェリペ・マッサにポジションを譲ったものの、何とかポイント圏内で完走することができた。

フォースインディア 厳しいレースで1ポイント獲得
フォースインディアはシンガポールGP決勝で厳しいレースを強いられ、エイドリアン・スーティルが10位に入り何とか1ポイントを獲得した。17番手スタートのポール・ディ・レスタはタイヤ戦略で10位までポジションを上げたが、55周目にターン7の壁に接触してレースを終えた。

ウィリアムズ ポイント獲得を逃す
ウィリアムズのパストル・マルドナドとヴァルテッリ・ボタスは、シンガポールGP決勝を11位と13位で終えた。ポイント獲得を狙った両ドライバーだったが、特にクラッチトラブルを抱えたボタスは厳しいレースを強いられ、トップ10入りを果たすことはできなかった。

ロータス ライコネンが3戦ぶりに表彰台復帰
背中に痛みを抱えながらシンガポールGP決勝に臨んだキミ・ライコネンは、タイヤ戦略を生かして13番グリッドから3位までポジションを上げ、ドイツGP以来3戦ぶりに表彰台とポイントを獲得した。力強いレースペースを発揮していたロマン・グロージャンはエンジンの空気圧トラブルでリタイアを喫した。

フェラーリ 2位に満足もタイトル争いは運頼み
フェラーリのフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサは、シンガポールGP決勝を2位と6位で終えた。7番グリッドから素晴らしいスタートを切ったアロンソはタイヤ戦略を生かして2位までポジションを上げたが、優勝を飾ったセバスチャン・ヴェッテルとのポイント差は60に開き、彼はタイトル獲得には運が必要であることを認めている。

レッドブル 独走のヴェッテルとトラブルのウェーバー
レッドブルのセバスチャン・ヴェッテルはシンガポールGP決勝で圧倒的な強さを見せつけてポールトゥウィンを飾り、3年連続でマリーナベイでのレースを制した。ヴェッテルはチャンピオンシップでフェルナンド・アロンソに60ポイント差をつけている。マーク・ウェーバーはエンジンのオーバーヒートによりファイナルラップでリタイアを喫した。

ウェーバーとアロンソに戒告処分
シンガポールGPのレーススチュワードは、決勝レースのファイナルラップでリタイアし、フェルナンド・アロンソのクルマに乗ってピットに戻ったマーク・ウェーバーに戒告処分を下した。今シーズン3度目の処分を受けたウェーバーは、次戦の韓国GPで10グリッド降格のペナルティを科せられる。

ライコネン 「3位は精一杯の結果」
シンガポールGP決勝で3位に入ったキミ・ライコネンは、これが精一杯の結果だったと語っている。ライコネンは背中に痛みを抱えながらも13番グリッドから3位までポジションを上げた。

アロンソ 「2位は優勝のようなもの」
フェルナンド・アロンソは、シンガポールGPでの2位は「優勝のようなもの」だと語っている。7位からレースをスタートさせたアロンソは最初のコーナーで3位までポジションを上げ、セーフティーカーが入ったレース中盤にピットに入って残りの周回を同じタイヤで走りきった。

ヴェッテル 「優勝はチーム全員の努力のおかげ」
セバスチャン・ヴェッテルは、シンガポールGPでの独走優勝は運によるものではなくチーム全員の努力のおかげだと語っている。ヴェッテルはレース序盤とセーフティーカーピリオドの後にアンタッチャブルなペースを発揮し、2位のフェルナンド・アロンソに30秒以上の差をつけて優勝を飾った。

シンガポールGP決勝結果


シンガポールGP決勝 ヴェッテルが余裕の3連勝
シンガポールGP決勝が61周で争われ、ポールシッターのセバスチャン・ヴェッテルが危なげないレースで3連勝を飾った。2位にフェルナンド・アロンソが入り、13番手スタートのキミ・ライコネンが3位に入った。

最新画像 シンガポール・マリーナベイ(日曜日)


シンガポールGPスターティンググリッド


ケータハム ルノーとのエンジン契約を延長
ケータハムは、ルノーとのエンジン契約を2016年まで延長したことを発表した。同チームは2011年シーズンからルノーのエンジンを使用しており、来シーズン以降も同社製のV6ターボエンジンとエネルギー回収システムを使用する。

フェラーリ 予測不可能なレースで表彰台を狙う
シンガポールGP予選を6位と7位で終えたフェラーリのフェリペ・マッサとフェルナンド・アロンソは、レッドブルやメルセデスほどのペースがないことを認めているものの、何が起こっても不思議ではないレースでチャンスを最大限に生かし、表彰台を狙うことを目標に掲げている。

マクラーレン レースでのタイヤ戦略に期待
マクラーレンのジェンソン・バトンとセルジオ・ペレスは、シンガポールGP予選を8位と14位で終えた。バトンはまずまずの予選だったと振り返っているが、ペレスはフリー走行3回目で行った変更が裏目に出て全力を尽くしきれなかったと述べている。決勝レースに向けて、両ドライバーともタイヤ戦略が奏功することを期待している。

ロータス グロージャン3位もライコネンにトラブル
ロータスのロマン・グロージャンはシンガポールGP予選で3位に入り、トラブル続きの金曜日から挽回できたことに満足している。キミ・ライコネンは背中の痛みの影響で思うような走行ができず、13位で予選を終えている。

最新情報