'; ?> FX/外国為替情報 9月26日

FX/外国為替情報 9月26日

最新情報   トップページ


関連情報

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > ポジション調整売り優先!ドル円99円台&ユーロドル1.35台が重石?
連日のように各連銀総裁の発言が続いている中、昨日はダドリーNY連銀総裁が年内のQE縮小開始の可能性は排除していなかったものの、FRBは6月に想定していたよりも鈍い経済成長を見込んでいると発言、未だに米当局による年内の緩和縮小期待は強いが、市場は全般的に相次ぐ要人発言の影響を受けて、年内QE縮小開始に疑問符が打たれている。その中、米10年債利回りは一時2.65割れまで低下するなど、日米金利格差の縮小を伴い、ドル円は一時98円台半ば割れの展開を強いられているが、依然として、小幅なレンジ相場の域を脱してはいない...

マーフィーの“日々是好日” > 大数の法則
相場判断やトレード判断に用いる「法則性」を考える上で役に立つのが「大数の法則」です。これは、経験上の確率と数学的確率の関係を示す確率論の基本的法則です。例えば、コインを投げた場合、次回が表か裏かは分からないけれども、100回も投げれば表裏がほぼ半分ずつになるといった具合だということです。他の例で言うと、サイコロを振って1が出る確率は、出来るだけ回数を振れば振るほど6分の1に近づくというものです。ポイントは何かと言うと、私達が様々なトレードを行う上での相場の判断ルールを構築する際に、この「大数の法則」はベー...

水谷文雄の“為替 ケ・セラ・セラ” > FRB高官、米経済指標動向で振り回される市場!
Hola!Que tal?Bien!週末はゆっくりされましたでしょうか!私は東京に出かけたり、ちょっと遠くの公園に出かけたりと、楽しく過ごさせていただきました。公園ではこの時期の花、彼岸花が満開でした。集中的に群生しているようです。埼玉県では巾着田が有名です。一回行きましたから、今年はパスです。近くの公園の彼岸花で十分観賞できます。写真を載せます。それにしても、秋の気配の強い天気になってきました。師走が近いと実感する時期です。一ヶ月もすると年賀はがきが販売され、ますます師走が近い。何とか今年も年越しが出来...

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > FRB金融緩和縮小一旦後退!調整色強まる?
特筆すべき材料のない中、相対的に株式市場の軟調を背景にやや円の買戻しの動きが優勢になっている。株価に対する過熱感も踏まえた利益確定売りに圧されて、NYダウが小幅反落しており、ドル円は99円割れへと小幅反落している。一方、要人発言が相次いでいるが、先週、セントルイス連銀総裁は指標次第では10月のQE縮小の可能性に言及、金融緩和の縮小判断は境界線上にあったが、雇用回復の弱さやまちまちの経済指標が縮小見送りの議論となったこと改めて指摘している。反面、カンザスシティー連銀総裁は、FOMCで債券購入を縮小しなしの決...

朝倉伊津子の“ブレイブハートな毎日” > 彼岸の悲願
暑さ寒さも彼岸までって正しいな〜。急に涼しくなりました。もう短パンではいられないな(まだはいています)。9月いっぱいは自分の中ではまだ夏なので、後1週間は夏衣装で暮らしたい。あ、でも香港に行くか。さて、相場の方は3連休だったし、仕事もあったのでチラホラと見ていただけ、オージーは中国PMIが良好で比較的しっかり。かと言って、オージードル0.95超えてくるにはもとパンチ力が必要かと。オージー高牽制発言止めるとかってのはないだろうな。。。RBAは後1回利下げをするという見方も多いようです。でもさ、利下げして効果...

山岡和雅の“ダックビル為替研究所” > 長期金利上昇の影響を受ける米住宅市場動向に注目 
先週のFOMCでは、市場が織り込みを進めていたQE縮小開始が見送られビッグサプライズとなりました。見送りの理由としては、開始に至る確証が得られなかったということで今月6日に発表された米雇用統計が弱く、雇用市場の回復鈍化が懸念されたことなどが主要因とみられており今後の雇用情勢に注目が集まる状況となっています。また、見送りの理由としては債務上限問題を受けてのリスクと長期金利が前倒しで上昇している状況への懸念があげられました。こうした中で、今週は長期金利上昇による悪影響がまともに出てくる住宅関連指標が発表されま...

最新情報