'; ?> F1最新情報 11月3日

F1最新情報 11月3日

最新情報   トップページ


関連情報

メルセデス ウィッシュボーントラブルを確認
メルセデスは、アブダビGP予選Q3でのルイス・ハミルトンのスピンがウィッシュボーントラブルによるものだと断定した。予選を4位で終えたハミルトンは最後のフライングラップを走行中、ターン12、13のシケイン出口でクルマのコントロールを失い、スピンを喫した。

ライコネン 予選後のフロアテスト失格
アブダビGP予選で5位を獲得したキミ・ライコネンのクルマが予選後のフロア偏向テストに失格した。

マクラーレン 期待外れの予選結果
アブダビGP予選を9位と13位で終えたマクラーレンは、フリー走行3回目で見せた力強いペースを予選で発揮できなかったことに落胆している。予選前のセッションではジェンソン・バトンが6位に入り、予選での2台揃ってのトップ10入りが期待されたが、バトンはタイヤの扱いに苦戦を強いられてQ3進出を逃した。

メルセデス ハミルトンにメカニカルトラブル
メルセデスのニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは、アブダビGP予選を3位と4位で終えた。ハミルトンは最後の計測ラップでメカニカルトラブルを抱えてスピンを喫したが、両ドライバーともコンストラクターズチャンピオンシップでのライバルであるフェラーリを抑えてセカンドローからスタートできることに満足している。

レッドブル 今季4度目のフロントロー独占
レッドブルのマーク・ウェーバーはアブダビGP予選でポールポジションを獲得し、日本GPで逃した今季初優勝に向けて決勝レースをポールポジションからスタートさせることになった。2位に終わったセバスチャン・ヴェッテルは、Q3最後のアタックラップでもう少し速く走れたはずだと述べているが、同時にチームメイトの素晴らしいポールラップを賞讃している。

アブダビGP予選結果


アブダビGP公式予選 ウェーバーPP、2位ヴェッテル
アブダビGP予選でマーク・ウェーバーが今季2度目のポールポジションを獲得し、セバスチャン・ヴェッテルが2位に入りレッドブルがフロントローを独占した。3位にニコ・ロズベルグが続き、ルイス・ハミルトンは最後のフライングラップでスピンを喫して4位に終わった。

公式予選Q2 ロズベルグがトップ、アロンソ、バトンが敗退
2013年F1世界選手権第17戦アブダビGPの公式予選Q2がまもなくスタートする。

公式予選Q1 ハミルトンがトップ、2位マッサ、3位ライコネン
2013年F1世界選手権第17戦アブダビGPの公式予選Q1がまもなくスタートする。

最新画像 アブダビ・ヤスマリーナ(土曜日)


土曜フリー走行 トップはヴェッテル、フェラーリ勢が苦戦
2013年F1世界選手権第17戦アブダビGPの土曜フリー走行がまもなくスタートする。

グロージャン トラブルは「大した問題ではない」
アブダビGPフリー走行2回目でブレーキディスクにトラブルを抱えたロマン・グロージャンは、レースと同様のコンディションでのロングランを行うことができなかったものの、残りの週末に向けてポジティブな感触を得られたようだ。

ブラジルGPで2014年のタイヤをテスト
2013年シーズン最終戦のブラジルGPで、各チームは2014年のピレリタイヤをテストする予定だ。

ハミルトン まずまずのスタートを切る
メルセデスのルイス・ハミルトンはアブダビGPフリー走行2回目をレッドブル勢に続く3位で終え、通常の金曜日のプログラムを完了させた。まずまずのスタートを切ったことに満足する一方で、ハミルトンは予選とレースに向けて多くの作業が残っていると語っている。

ヴェッテル ロータスを警戒
4連覇を達成したばかりのセバスチャン・ヴェッテルは、アブダビGPフリー走行2回目でも力強いペースを発揮し、1分41秒335のトップタイムを記録した。チームメイトのマーク・ウェーバーが2番手に入り、レッドブル勢はライバルチームにコンマ2秒差をつけて1ー2を飾ったが、ヴェッテルは昨年のレースを制したロータスのペースを警戒している。

ライコネン ラスト2戦を欠場の可能性
キミ・ライコネンは、ロータスが財政問題を解決できなかった場合、アメリカGPとブラジルGPに参戦しない可能性があることを示唆した。

フリー走行2回目 ヴェッテルがトップタイム
アブダビGPフリー走行2回目でセバスチャン・ヴェッテルが1分41秒335のトップタイムを記録した。コンマ1秒差でマーク・ウェーバーが2番手に続き、ルイス・ハミルトンが3番手、キミ・ライコネンが4番手、ニコ・ロズベルグが5番手となった。

最新画像 アブダビ・ヤスマリーナ(金曜日)


フリー走行1回目 グロージャンがトップタイム
アブダビGPがヤスマリーナサーキットで開幕し、フリー走行1回目でロマン・グロージャンが1分44秒241のトップタイムを記録した。コンマ2秒差でルイス・ハミルトンが2番手に続き、セバスチャン・ヴェッテルが3番手、マーク・ウェーバーが4番手、ニコ・ロズベルグが5番手となった。

マクラーレン ペレスの去就は未決定
マクラーレンのスポーティングディレクターを務めるサム・マイケルは、セルジオ・ペレスの去就が未だに決定していないことを認めている。

最新情報