'; ?> FX/外国為替情報 11月5日

FX/外国為替情報 11月5日

最新情報   トップページ


関連情報

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > 今週のペットでも判る簡単チャート
●今週のペットでも判る簡単チャート(事前予測実施中)作成年月日2013年11月03日(短期チャート3ヶ月・中期チャート6ヶ月) ▼ドル円⇔ユーロから見るドル円相場(ユーロドル⇔ユーロ円) 平均乖離幅0.0100 現状乖離幅0.0194→0.0097(A)100÷133.15=0.7510(B)1÷1.3490=0.7413⇒0.0097。先週の弱めの買いシグナル97.40円から上昇に転じており、今週はポジション解消売りを伴い、売りシグナル98.70円が点灯している。中期チャートにおいては弱めの売りシグナル...

山岡和雅の“ダックビル為替研究所” > 12月のQE縮小可能性のこり、雇用統計への注目高まる
今週は、10月の連邦政府一時閉鎖の影響で発表が延期された米重要指標が週の後半に相次いで発表されます。7日木曜日に米第3四半期GDP速報値、8日金曜日に米雇用統計です。特に、雇用統計は先週開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)における声明が市場が期待したほどのハト派な内容にはならず12月に予定されている年内最後のFOMCでの量的緩和(QE)縮小開始に含みを残す結果となったことでその注目度を増しています。FOMC声明では、労働市場について幾分の更なる改善(some further improvement)...

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > ユーロ急落で仕切り直し!?
ユーロ圏の10月の消費者物価指数(CPI)が約4年ぶりの小幅な上昇にとどまると共に、9月の失業率は12.2%と過去最高水準にあることが嫌気されるなど、ユーロ売りが再燃している。ECB理事会は11月7日に開かれるECB理事会において、利下げ観測が浮上するなど、俄かにユーロを手仕舞う動きが優先されている。一方、先の米財政協議が難航して以降、FRBの量的緩和が長期化するという見方からドルの全面安の展開を強いられていたが、その受け皿としてユーロを買い戻す動きがアジア中銀を中心に急速に買われていた側面が多々ある。月...

最新情報